『谷崎潤一郎全集』第23巻

決定版『谷崎潤一郎全集』第23巻(第23回配本)

 

『三つの場合』
三つの場合
吉井勇翁枕花
若き日の和辻哲郎
古川緑波の夢
伊豆山放談
幼少時代の食べ物の思ひ出
日本料理の出し方について
おふくろ、お関、春の雪
親父の話
或る日の問答
千萬子抄
『当世鹿もどき』
はしがき〔『当世鹿もどき』〕
当世鹿もどき
【単行本未収作品】
老後の春
残虐記
【雑纂】
明治回顧
序(『谷崎潤一郎全集』)
阿呆伝序
審査員の言葉
私と国歌大観
あの頃のこと
ふるさと
序〔武林無想庵『むさうあん物語7』〕
「法成寺物語」回顧
秦豊吉君のこと
「少将滋幹の母」再演について
祝辞(紫式部歌碑除幕式によせて)
無題〔「残虐記」中断のおわび〕
気になること
序にかへて〔『潤一郎訳源氏物語』〕
「貴多川」開店祝
京舞礼讃
新版幼少時代序
あの頃のこと(山田孝雄追悼)
手紙〔水野多津子宛書簡〕
無題〔『少将滋幹の母』断書〕
銀婚式披露挨拶
敏介とピン助
無題〔「週刊新潮掲示板」昭和三十五年十一月七日号〕
「細雪」を書いたころ
幼き日の六代目
潤一郎訳源氏物語愛蔵版序
和辻君について
武林君を悼む
無想庵君のために
舌代(喜寿挨拶)

 

解題(明里千章・佐藤未央子)

 

附録●月報23

谷崎潤一郎と和辻哲郎 苅部直
谷崎潤一郎はよく読んだ方 森博嗣

 

(編集委員/千葉俊二・明里千章・細江光、中央公論新社、6,800円+税)




about

研究会に関するご連絡は
までお願いします。
※谷崎潤一郎に関するご著書・ご論文等を刊行・発表された方は、研究会会員内外を問わず、情報をお寄せください。ご論文については150-300字程度の[要旨]をお送りいただけるとありがたく存じます。
《終了しました》

recent entries

archives