「谷崎潤一郎と祖父水野鋭三郎と父森田勝一の話」

◆2015年4月4日に行われた第19回谷崎潤一郎研究会での特別インタビューを受けて、当日のゲスト、森田チヱコさんがご寄稿くださいました。

「谷崎潤一郎と祖父水野鋭三郎と父森田勝一の話」 
――第19回 谷崎潤一郎研究会でのインタビューを終えて


明治半ばから昭和にかけて祖父水野鋭三郎(1864-1941)は大阪堂島に住んでいた。その頃、偶然にも文豪といわれた作家谷崎潤一郎と松子夫人のロマンスに関わることになった。それは鋭三郎の甥、卜部詮三氏と松子夫人の長姉森田朝子様が結婚されて森田家を継いだことによる。
以来、両家の交流は祖父、父、私と三世代に及び、谷崎夫妻のエピソードが残されている。今も、我が家には谷崎夫妻の書状が残され、その文面から当時の事情が読み取れる。どれも興味深い一級の資料であるが、明治、大正、昭和にわたる大文豪、谷崎に関する記述は素人に容易にできるものではなく、長くそのまま放置していた。
書簡は父勝一が所持していたが、六通が全てであったかは定かでない。つい最近も、岡山県井原市の伯母宅から二通の額入り書状が報告されている。これらは一連のものであり、谷崎が阪神芦屋の「打出下宮塚の家」に松子夫人と結婚前後に居住された時のものである。松子夫人が晩年にこの書簡の存在をご存知になり、大層お気遣いであった。個人の「私信」である書状を不如意に扱えば、関係者に不愉快、迷惑になるので、今日まで極力公開を避けてきた。
その後、関係する近親者の多くが他界され、またこの「谷崎没後五十年記念」の年を契機に、放置すると闇に埋没するであろうこの一級文献を学問的に正しく解明する必要性を再認識したことである。幸いこの度、谷崎文学研究家、早稲田大学千葉教授のご尽力により「新資料 谷崎潤一郎・松子、水野鋭三郎宛ほか書簡六通――森田チヱコさんに聞く 千葉俊二」(『文藝別冊 谷崎潤一郎 没後五十年、文学の奇蹟』河出書房新社、二〇一五年二月)の一記事となった。お陰で流麗で達筆な松子夫人の書状も見事に読み解かれ、不明であった送付年月日もほぼ解明され、文脈の意味も他との照合で明らかになり、文豪谷崎をめぐる当時の諸事情がより鮮明となった。
父勝一が実母の「森田」を継ぎ、私は水野姓でないが、今も私の本籍、墓所も祖父や父と同様であり、親戚内では水野鋭三郎の孫として扱われている。私は昭和十四年生(現七十五歳)にて祖父鋭三郎は私が二歳の昭和十六年に、また祖母なをは昭和十八年に他界したので祖父母の記憶は薄く、祖父と谷崎夫妻のエピソードは両親や伯母の話によっている。本来、鋭三郎は谷崎夫妻の「黒子役」であったので、これらの話はあまり表面出てないことが故人らへの礼儀であるのかもしれない。
一、祖父水野鋭三郎(1864-1941)の肖像と逸話
広島県福山市松永町出身の鋭三郎は江戸中期から続く製塩業「升屋水野家」の末子であったが、幕末に家が没落して同市の酒造業に嫁いだ次姉卜部いわを頼っていた。彼は東京法律学校に学んだが、弁護士試験に失敗し、明治中期から大正、昭和の戦前にかけて大阪市北区堂島に住み、自宅の階下で米相場の仲介業を営んで家族と暮らしていた。当時、相場には素人はあまり関らずに船場や靫辺りの旦那衆の余技でもあって、多様な趣味人の集りでもあった。その仲間に森田安松氏(1864-1928)があり、お互いに気性も合い懇意で相場以外の付き合いもあった。安松氏は幕府時代より関西一を誇った藤永田造船所の重役職、社主の永田家三十郎家の一族でもあった。
ある日、鋭三郎は彼から森田家を継ぐ長女朝子様(1899-1984)の良縁について相談を受け、次姉いわの三男、卜部詮三氏(1894-1981)を候補とした。当時、詮三氏は早稲田大学商学部を出て神戸の三菱商事会社に勤務し、堂島の鋭三郎家をしばしば訪れていた。その頃の船場社会は「丁稚奉公から番頭」への昇進という現場主義の人材育成が一般的であったが、森田家ではこの機に造船経営は永田本家に任せて時代のホープであった大学卒、一流会社員の詮三氏を選び大正十年(1921)に結婚された。
その後の大正十二年、森田家二女松子様が船場木綿問屋の根津清太郎氏と結婚され、周囲の話題となった。根津家はさらに大店で、江戸初期より船場有数の呉服商、木綿問屋であった。清太郎氏は若くして根津商店を継いだ青年実業家であった。彼は両親を早く亡し祖母に養育された。家族的に孤独なこともあってか、結婚後に訪ねた松子姉妹の華やかさと賑わいに魅せられ、その訪問を歓迎していたら、やがては妹たちも根津家に住まうことになってしまった。その情景が後の谷崎文学『細雪』の世界に登場することになる。
このような経緯で水野と森田家は往来することになったが、今回の書簡で明らかになった鋭三郎の黒子役を松子夫人がそっと依頼された背景には、まずは鋭三郎が法律に明るかったこと、そして彼が世間的倫理道徳に鷹揚で俗に物わかりがよかったこと、さらに無類の世話好きであったことに信頼を寄せられたようである。この難しい役を無事に終えた鋭三郎は妻なをに「松子は得をする!」と話したという。
普段着の鋭三郎は気儘な自由人であったが、自分の志は積極的に実行する明治の男性でもあった。県境の郷里福山は広島よりもむしろ京・大阪や岡山の気風が強く、少年期は頼山陽も学んだ「菅茶山」漢学塾の出身で、進取の精神にあふれていた。青年期は茶屋遊びも相当であったらしいが、明治の新時代には政治運動も懸命に応援し、熱心であった。家には財産をほとんど残さなかった鋭三郎は、子弟教育は熱心で、殊に女子教育に理解があった。長女と二女は津田塾や同志社大の英文科を出て、高等女学校の英語教師をしていた。また明治後期から大正期には中国(清朝)留学生数名の世話もし、彼らが帰国時に残した美しい毛筆の『別離の唐詩文書』が今も家に残されている。
家業の米相場は浮沈激しく、鋭三郎の家計はそう潤沢ではなかった。しかしこの仕事が彼には性に合い、多くの人脈と多様な側面をもつ好人物であったらしい。二階建の堂島の家は、その階下が店で人の出入りが絶えず、いろんな人達が訪れた。ある時は文人画家も訪ねては席画を残して行った。郷里から上阪の親族は必らず立ち寄り、その時は勢一杯の歓待をした。また彼が郷里に行くと友人や親戚、知人の皆が喜んでくれる人気者であった。
  その鋭三郎も、昭和六、七年頃より社会が戦時体制に移行し始め、米穀は国家統制の「米配給制度」となり、日中戦争も次第に激化した昭和十四年、堂島米会所も閉鎖され、彼の米相場の仲介業も閉店した。二年後の昭和十六年春、鋭三郎は友人と麻雀中に脳卒中発作で大往生、享年七十三歳であった。法曾界の花井卓三氏(初代検事総長)は同郷の親友であった。この年末、遂に日本は太平洋戦争に突入してしまった。

二、父森田勝一(1905-1990)の実像
明治三十八年一月十九日生、祖父水野鋭三郎の次男、上に姉一人と兄一人、下に妹二人、その他祖母の前夫の義姉二名の家族であった。大阪中の島に近い堂島の二階家に育った。出生時が日露戦争勝利の年でそれを祝い、祖母の妹神崎てい夫妻が養子にすべく「勝一」と命名した。しかし父はそれを嫌って行かずに母親の実家を継いだ。後日、長兄が病没後も水野姓には戻らなかった。彼は生来、次男坊の気楽さ、自由、気儘な生活ぶりを生涯続け、都会派の生活スタイルと人付き合いで人からは好かれた。関西学院高等部時代に同大教授の河上丈太郎氏(戦後社会党右派委員長)の社会主義に傾倒し、兵隊、戦争、教練を嫌って、社会主義シンパのエイジェントとして活動し、学業を怠り、大学を中退している。昭和初期は世界恐慌による大不況で法文系学生は深刻な就職難に遭い、勝一も家でぶらぶらしていたところ、運よく祖父鋭三郎と谷崎氏の親交から作家谷崎の書生として住み込み見習うことになった。それが昭和八、九年の約九ヶ月のことであった。本人はどれほど真剣に小説家を志望していたかは甚だ疑問であるが、持ち前の暢気さと人付き合いの良さから谷崎やその家族からは重宝された。しかしながら、作家谷崎の創作姿勢の真剣さと厳しさ、またその作品創出時の難行苦行の事実を知り、勝一は「自分には作家は無理」と悟ったようである。昭和九年春のこと、勝一は友人の新聞記者についうっかりと「今、作家谷崎の書生をしている」と漏らしたことが、「谷崎が打出の家に松子夫人と住まう」が露呈して新聞沙汰になり、谷崎は大層迷惑をした。結局それを機に、勝一はその友人の世話で「大阪新聞」の記者に転向して戦争期を迎えた。
昭和十一年に勝一は結婚してJR摂津本山駅近くに住んだ。その頃の谷崎夫妻は住吉の家(通称「倚松庵」)に転居されていて、今度は鋭三郎が逆に住吉の家を訪ねては、帰路に本山の勝一宅に立ち寄ることが多かった。しかし昭和十六年に鋭三郎が他界すると、勝一家族は祖母が住む堂島の家に戻り、同居した。
生来、兵隊生活が性に合わない勝一は徴用を避けて陸軍の記者を志願し、大阪府庁内の大本営部に詰めていた。そこで彼は日本軍の戦況悪化のニュースに驚き、昭和十八年春早々に妻の実家近くの奈良県五條市北宇智に疎開を実行した。しかし、祖母は大阪を離れる疎開を嫌って一人堂島の家に残ったので、勝一はほぼ毎日、勤務後に祖母を見舞った。その半年後の八月、祖母は腸閉塞で急逝してしまった。次第に日本本土の空襲も激しくなり、昭和二十年三月の大阪大空襲で堂島の家も全焼し、八月十五日に我が国は敗戦を迎えた。このような戦時中は都会に住む人々の多くは地方に疎開し、谷崎夫妻も阪神の住吉から熱海や岡山県の津山や勝山町に疎開され、双方にしばらく交流はなかった。

終戦直後の大阪は焼け跡と闇市が混在し、食糧難で町の人々は田舎への買い出しに行き、日常物資は全て配給制であった。他方、急激な民主主義、自由主義の氾濫で市民の価値感は混乱し、戦中に抑圧された労働組合、ストライキ、社会共産主義が盛んとなった。勝一は終戦直後の混乱と人材不足が幸いし、重宝されて一時は朝日新聞の夕刊を担当した。米軍の占領下では記事の検閲は厳しく、司令部に日参しては点検後に新聞が発行された。
他方、作家の谷崎潤一郎は空襲や疎開中も懸命に執筆を続けた作品『細雪』が一大ブームを呼び、日本の伝統美を綴る文学として高く評価された。続いて毎日新聞には大作『少将滋幹の母』を連載し、広い層に興味をもって読まれた。これら多くの功績で毎日新聞、朝日新聞の出版文化賞も授与され、さらに昭和二十四年秋には志賀直哉氏と共に「第八回文化勲章」も受章され、谷崎文学は海外にも翻訳(『細雪』『痴人の愛』『猫と庄造と二人の女』など)、紹介された。
世情がやや落ち着き始めた昭和二十五年、早くも「朝鮮動乱」が勃発し、また我が国はサンフランシスコ条約を締結し、米軍の占領体制は解除された。しかし世界は早くも「東西冷戦」の構造となり、米国内のレッドパージ(共産主義者追放)旋風が日本にも波及した。学生時代より社会主義シンパの勝一は敗戦後の自由化で共産党に入党していた。当時、彼は朝日新聞系の大阪日日新聞文化部長職にあり、職責上の辞職となってしまった。
結局、勝一は二流記者のようであったが、大阪の有名記者クラブ(大森実、前田義徳氏らと)に所属し、小新聞ながらもネーム入り記事を書き、仲間や知人にも恵まれた。戦中は松下幸之助氏の町工場時代より懇意になり、また阪大講師時代の湯川秀樹氏を訪問しては喜ばれて賀状もいただいた。しかし生来、都会的自由人の彼には、人よりも辛抱と根性、努力が不足していた。その人生観はアリよりもキリギリス派であったので、その生活が一度、狂い始めると修復は難しかく、さらに女性関係や覚醒剤も関与して全てが空中分解し、遂には経済破綻と離婚になってしまった。その後の勝一は『大阪財界の人々』という関西経営陣へのインタビュー本も著したこともあったが、「社会経済問題研究所」を開き、発展期の日本経済にあって一業界誌を細々と作り続けた。
そんな昭和二十七年秋の某日、勝一は京都の潺湲亭を表敬訪問している。その時はあいにく谷崎は不在であったが、松子夫人、重子様にお会して旧交の一時を持ち、絵巻のように風雅な生活模様を拝見することができた。また経済復興をした大阪に昭和三十一年春、根津清太郎氏の急逝の報が流れ、昔を知る人々は週刊誌の華やかな「根津清の伝説」に故人を回想しつつも、大阪船場の戦前と戦後の時代経過をみたことであった。
  このように大阪が拠点の勝一は昭和三十五年秋、東京に学ぶ娘より谷崎の病気入院を知り、翌春の上京時に晩年の氏を滞在中の銀座東急ホテルに見舞った。その時、氏は別室で執筆中であったが、終りをお待ちしての久し振りの再会に、氏も上機嫌で近況や創作のことなどを話されたという。その数年後の昭和四十年七月末日、勝一は谷崎の訃報をニュースで知り、慌てて通夜と葬儀所に出席し、そのご冥福をお祈りした。

谷崎没後の昭和五十八年、市川崑監督の映画『細雪』が全国で上映され、新なブームを呼んだ。昭和六十三年秋には芦屋市谷崎記念館もオープンされ、開館式にご出席の松子未亡人に勝一は久しぶりに面会した。松子様も疎開以来の芦屋訪問に懐かしく思ておられた。
勝一は晩年も持ち前の都会的センスと話題の豊富さで親しまれ、時折りカフェやサロンに集っては、その常連客やママたちに好遇された。平成二年(一九九〇)十月九日、八十五歳の時に消化系癌で神戸の病院で他界し、広島県福山市の水野家墓地に眠っている。
そのような父勝一であったが、作家谷崎潤一郎を生涯、大層尊敬していた。父が私に話した書生時の興味ある事柄には、(一)『文章読本』の筆記を手伝い感じた谷崎特有の執筆姿勢の厳しさや律儀さ、また創作時の氏の苦闘ぶりと作品への自負、(二)谷崎夫妻の「春琴と佐助」風の暮らしと当時の経済事情、(三)ご長男谷崎の弟妹君や長女鮎子様へのお心遣いであった。機会があれば、その記憶を綴ってみたいと思う。 【森田チヱコ】



about

研究会に関するご連絡は
までお願いします。
※谷崎潤一郎に関するご著書・ご論文等を刊行・発表された方は、研究会会員内外を問わず、情報をお寄せください。ご論文については150-300字程度の[要旨]をお送りいただけるとありがたく存じます。
《終了しました》

recent entries

archives